■東京雪稜会について

東京雪稜会(とうきょうせつりょうかい)は1975年に設立した社会人山岳会です。
安全登山を追及し、自由で自立的そして自発的活動が会の基本です。
山の会にありがちな封建制を排除して、新人もベテラン会員も対等、平等な立場で活動しています。

岩登り、沢登り、フリークライミング、アルパインクライミング、 アイスクライミング、山スキー、冬山など四季を通じてオールラウンドな山行を行っています。
ただし、誰もがオールラウンドな山行を行わなければならない訳ではありません。
どんな山を楽しむかは、会員個人の自由です。
具体的にどういう活動をしているかは山行記録のページを御覧になってください。

 ■月例山行

会員各自が計画しパーティを組んで行く山行が中心ですが、月に1回月例山行というものを実施しています。
これは季節によって、例えば夏なら沢登り、冬なら雪山というように、月毎に世話人を決めて会の山行として企画するものです。

 ■例会

月に2回定例会を雑司が谷で開いております。
定例会というのは、会員が集まって自分達が行った山の山行報告をしたり、これから行く山の計画を発表したりします。 基本的に第1と第3水曜日(PM7:45~9:00)に開催しています。例会後、近くの居酒屋さんで2次会を開いています(参加自由)。
また年に1回総会を開いて年間計画や役員を決めています。

興味を持たれたら、一度、定例会を見学にいらしてください。会の雰囲気がよく分かると思います。例会見学をしたら入会しなければならないということはありませんので、どうぞ御心配なく。 お気軽に山の話でもしに来てください。

 ■遭難対策基金

東京雪稜会は日本勤労者山岳連盟に加盟しています。
そして万一に備えて「労山新特別(旧遭難対策)基金」に全員加入しています。

 ■会費

入会金は5,000円、年会費は6,000円です。
(ただし、年度途中入会の場合は、月割額500円×残り年度月数)